【レゴでプログラミング教材セットを体験①】「レゴ WeDo 2.0 for home」とは?

キッズ
この記事は約4分で読めます。

体験した商品

5歳からの「レゴ WeDo2.0 for home by アフレル」

*レンタル体験させていただきました。

*型番 WEDO3-NFH

*価格 32、700円 (税込 35、970円)

➡ 5月10日まで実施しているキャンペーンを確認したい方はこちら


体験した子供

  • 6歳 男の子
  • 普段からレゴが大好き

セット以外に準備が必要なモノ

「レゴ WeDo2.0 for home 」とは

2020年から小学校で必修化になったプログラミングを レゴを使って遊びながら学習できるキットのことです。

「レゴ WeDo2.0 」をオススメする理由

  1. レゴ社のプログラミングへの取り組みが20年以上
  2. 世界90以上の国や地域の教育現場で活用
  3. 日本国内6000以上の教育機関での活用実績あり

まずは 何よりも子供が興味をもつ 親しみのあるレゴ®を使うという点で興味をもって取り組みはじめました

レゴ®ブロックを組み立てて 動かすことで プログラミング的思考が身につく おうちで楽しんでできるプログラミング教材です。

レゴ®を組み立てるとき、ひとつのことに集中して取り組んでいましたので  集中力がつくなあと思いました。

作ったものを動かすことで どうやったらロボットが動くのかを知り、自分のも持っているおもちゃと組み合わせて ごっこ遊びを楽しんだり、こどもの世界が広がっていくのが 楽しかったです。創造力も豊かになりますね^^

レゴが細かいので なくさないか気をつけなければならないのと、踏むと めっちゃくちゃ痛いです(泣)一緒に おかたづけの方法を考えるのもひとつの方法だとおもいました。

おかたづけしやすいように どこに何をいれるのか側面にシールが貼ってあるところがうれしいポイントです。

年齢別にセットがあります。

5歳~  レゴ(R)WeDo2.0 for home(レンタル体験したキットです

10歳~ 教育版レゴ(R)マインドストーム(R)EV3 for home

「レゴ WeDo2.0 for home 」のセット内容

【セット内容】

  1. LEGO®︎WeDo 2.0基本セット
  2. サポートガイド
  3. アフレル1号(マイロ)
  4. 宇宙探検シート
  5. アフレル2号(しゃくとりむし)
  6. お花畑シート
  7. アフレル3号(ざうるすさん)
  8. しゅらしっくパークシート
  9. アフレル4号(あひるさん)
  10. はす池シート
  11. アフレル5号(うさぎさん)
  12. はらっぱシート
  13. アフレル6号(はらぺこクマちゃん)
  14. 森のお店屋さんシート
  15. ステップファイル
  16. ステップシール

「レゴ WeDo2.0 for home 」は収納がしやすい大きさ

四角のプラスチックの箱と 長い棒状の段ボールにシートが入っていますので 形状が四角という点で デットスペースが少なくてすみます。

  • 箱の大きさ 43cm×33cm×7、5cm
  • 重さ 約2、2kg

>>プラスチックケースで 2段になっています。

>>シートは 細長い段ボールに入っています。

「レゴ WeDo2.0 for home 」に取り組みことで プログラミング的思考が育つ

レゴ®でロボットを組み立てる➡プログラミングでロボットを動かす➡動かないときは考える➡やり直す➡どうやったら動くか理解していく思考が養われる

トライ&エラーの繰り返しで、プログラミング的思考が育っていきます。

出典:アフレルの公式サイトより

「レゴ WeDo2.0 for home 」はこんな方におすすめ

  • こどもにプログラミング教材の導入を考えている
  • プログラミング教室に興味はあるけど 費用が高くて迷っている
  • 「考える力がつく」おもちゃを探している
  • 親もよくわからなくて不安と思っている方(親子で取り組めるから一緒に理解できる)
  • お子さん、お孫さんなどのプレゼントに

「レゴ WeDo2.0 for home 」の詳細はこちら

関連記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました